laboratorio di biscotti


専業主婦の365日。
by fatto-a-mano-h
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

PRAY FOR JAPAN バザー

日曜日のバザーの報告です。

d0210200_1844667.jpg


お天気が心配されましたが、私たちの思いが天に届いたのか、予想外の晴天。
(昨日、今日と雨です。ふぅ~っ)

太陽サンサン、気温も高く、日本人女子たちの

「やだぁ~ 日焼け止め塗ってな~い」「私も~(涙)」と言う会話から一日が始まり(笑)


月に1度開催されるアンティーク・手作り市に出店してきました。

場所はナポリの中心地にある市民公園の外通り。そして前方には海の見える素敵な場所です。

主催者側の好意で、本来なら1年有効の出店申し込み料30ユーロと出店料の20ユーロは

免除していただきました。 そして「またいつでもいらっしゃい」と。


手作り市での出店ということで巾着や割り箸の袋、和紙の小箱などの手作り品、

そして手ぬぐいや和小物。 みんなが快く提供してくれ、

売り上げは全額「日本赤十字」に送ることになりました。

d0210200_18425327.jpg

d0210200_1843472.jpg


ちなみにお隣さんはこういう感じ
d0210200_1851013.jpg


2ユーロで「あなたのお名前を日本語で」

友人のこのアイデア大盛況でした。

d0210200_18532136.jpg


d0210200_1952055.jpg

真ん中のアイロンビーズのプレート「日本」

これは今日本からこっちに来ている友人家族の10歳になる男の子の作品。

すぐに売れましたよ。

d0210200_19131510.jpg


実はこの日、イタリアでは夏時間の施行日。

時計の針を1時間戻さなければならず、私たちは早起き+睡眠時間一時間マイナス。
(6時起きだとすると、実質は前日までの5時起きをしたことに)

しかし世の中の人たちは日曜日ですから、何も早起きする必要もなく、

結果、いつもよりも人が出てくるのが遅く、8時からスタンバっていましたが

結局お客さんが来始めたのは10時半~11時ごろ。

それから2時までの少ない時間でしたが、売上金は「487,70ユーロ」になりました。

決して多い金額ではないかもしれませんが、

1ユーロ~5ユーロの品物が殆どと言う中で大健闘だったのではないでしょうか。

大勢のナポリの人たちが協力してくれたお陰です。

温かい言葉もたくさんかけて頂きました。

「あなたたちだけでも、ここにいて被災しなくて本当に良かった・・・」と

私たちを見つめ、実の子供の安否を心配するようなお婆さん。

チャリティーバザーと聞いて駆けつけてくれた、ナポリ東洋大学の日本語学科の学生さんたち。

彼らに日曜日の早起きは(しかも夏時間施行日!!)大変だったでしょう(笑)

かなり「さくら」な友人たち(汗)、ありがとう。


そして今回、「1度出店したことがある」という理由で

「じゃあよろしくお願いしま~す」という私に「全く、あなたに丸投げされたわね」と言いつつも

完璧に指揮をとってくれたYさん。

あなたの力なくしてはこんなにスムーズな実現はなかったでしょう。

本当にありがとうございました&お疲れ様でした。(そして次回も宜しく?(笑))

参加できずとも色々提供してくれた皆さんもありがとう。

こんなに素敵なものを夜なべして作ってくれた

この方→http://www.cuoricini.net/io/cafe/?p=9854

残念ながら不参加でしたが、「習字でお名前」のアイデア参加で貢献してくれましたよ。

最後に参加した8人の皆さん、お疲れ様でした。

「私たち、ちょっと笑いすぎ?」「募金の目的のわりに不謹慎?」と心配になるほど

最初から最後まで笑いが絶えませんでした。

そして「声を出してこんなに笑ったのは久しぶり・・・」と。

そう、メソメソ泣いていても始まらない。きっとたくさんの人達が立ち止まって声をかけてくれたのも

私たちの朗らかな笑い声が聞こえたからでしょう。

日本の状況は依然予断を許さぬ深刻な状態ですが、我々は出来るだけ自分たちの生活に戻り、

そして「出来ることを出来る範囲で」やっていこうと思います。


東北の皆さん、私たちは逆に皆さんに励まされ希望を与えてもらっています。

けれど、皆さんも私たちがついているという事を、

世界中が応援していると言う事を忘れないで下さい。



余談ですが・・・

私のクッキーは全然売れませんでした~(汗)
募金をしてくれた方や子供たち、いっぱい買ってくれた人などにおまけでつけました(笑)
じ、次回どうしよう?私。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-29 21:08 | PRAY FOR JAPAN

あ~した天気にな~ぁれ!!

明日はいよいよバザー。

お天気予報は・・・ 何とか雨は避けられそうです。

今日は(実は昨日の夜から)一日中クッキー作り。

d0210200_7503446.jpg


日の丸シャツを着たクマさんたち。いやぁ、何とも雑ですねぇ・・・

d0210200_7522410.jpg


雑ですが、大量生産目指して、170袋(クッキー2枚×170袋で340枚)出来ました。

売れるといいんですけど、大量にお持ち帰り・・・だったりして(汗)


ところで昨日は、夫の叔父さんの働く、地元のローカル局で募金のお知らせをしていただきました。

ナポリ東洋大学の先生と日本からナポリ人のご主人と子供たちと一時こちらに戻ってきている友人に

出演していただいたのですが、「明日の朝なんですけど・・・」と言う急なお願いに

「募金に繋がるのであれば!!」と2人とも即答。 ありがとうございました!!

あまりのローカルさにどのくらいの人が見ていたかは分かりませんが(汗・・・)

「塵も積もれば山となる」はずですから頑張りましょう。


明日から「夏時間」に変わるので、時計を一時間プラスしなければなりません。

朝7時に起きようと思えば、今日までの時間の6時起きと言うこと。
(「7時に起きなきゃいけなかったのに、え~もう8時なの~」ということです)

今夜は睡眠時間一時間損します。

ですので、もう12時17分、いえいえ、もう1時17分です!!

明日は早いのでおやすみなさい。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-27 08:23 | PRAY FOR JAPAN

週末バザー開催!!

みなさん、お元気ですか?

ようやく落ち着いてきた私、お菓子ブログをはじめ、普段見ていたブログを覗いてみると・・・

やはり、誰もが大きなショックを受け、地震発生直後は皆、言葉少なく・・・

そしてさらに数日・・・ 少しでも情報を!!とブログを精力的に更新する人、

被災者の人たちへ温かいエールを贈り続ける人、

節電の為にとブログを自粛する人、頑張っていつも通りのブログに戻る人・・・

人それぞれ、アプローチの仕方は千差万別。けれど被災者の人たちを思う気持ちは皆同じ。


そしてこんな記事も目にしました。


被災され家を亡くした40代の女性の声

「私達は他人の幸せや喜びをねたむほど落ちぶれてはいない。
    皆さんどうぞ我慢せず楽しい時は笑い嬉しい時は喜んでください。
                   私達も一日も早く皆さんに追いつきます」


被災された方が我々を逆に励ましてくれています。

何と言う思いやり、何と言う清々しさ。

子供っぽい言い方ですが、

この国には本当に「希望」がキラキラと降り注いでいるように見えます。



さて、今週日曜日はバザー開催です。

友人がテキパキ仕切っていてくれて、今週は安心。

私は「アイシングクッキー」担当。

ただ、食べ物は販売禁止のところを友人が

「イースターのオーナメントです」と押し切ってくれたそうで、

ちゃんと「オーナメント」にしなくては(汗)

と言うことで今週は私のブログも本来の姿に戻って

「laboratorio di biscotti」(クッキー工房)ですよ~
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-23 07:55 | PRAY FOR JAPAN

PRAY FOR JAPAN

d0210200_19365839.jpg


日本国民が日本国内で心身ともに疲労する中、そしてそれでも平常心を保ち、日常生活を送る中、

海外にいる私は平常心とは程遠く、冷静さを欠き、「日本」と聞くだけで涙が溢れ・・・

海外に住む私たちは「日本国外」にいるもどかしさと、普段の望郷が相まって、

感情的と言われてしまえばその通りなのですが、文字通り、居ても立ってもいられません。


今日は夫の誕生日。

先週思い立って夫に、

「一日早い今週の日曜日に、家であなたの誕生日を名目に募金活動がしたい」

と告げると、夫、すぐに快諾。 そしてナポリ在住の日本人にこの趣旨を伝えると、

「出来ることは何でも!!」と協力体制もバッチリ。

「では一人一品日本食を!!」のお願いに、昨日10人もの日本人が大量の料理をかかえて

駆けつけてくれました。 ただただ落ち着きがなく、人が来て励まされる度に「オイオイ泣く私」

を尻目にテキパキと動き、笑顔を見せる友人たち。


金曜日も、土曜日も自宅で親戚を呼んで寄付金集めの「夕食会」をして

前日午前3時まで起きていたにもかかわらず、フラフラになりながら来てくれた友人。


イタリア人の同僚からの寄付金と、気持ちのこもった手紙を持って来てくれた友人。


もちろん、来ることが出来なかった友人たちもそれぞれ活動中。


中にはこんな友人も→http://ameblo.jp/piazzaitalia/


普段は図々しいことが大嫌いな夫、

「みんな、僕の誕生日プレゼントにうんと奮発してくれ」何て彼らしくない言葉を連発(笑)


やって来た友人一人ひとりの温かい言葉。

「家には何人まで大丈夫だから、家族、親戚、友人みんな呼びなさい。」

と言ってくれた友人の何と多いこと!!


子供たちの励ましの絵とお手紙。

d0210200_2037542.jpg


d0210200_20381010.jpg


「みんなで日本を助けよう」

d0210200_20563532.jpg


たくさんのメッセージの中の一つ。

「力 Giappone!!!」(力 日本!!!)

みんなの温かい気持ちが、昨日一日で「1,130ユーロ」という形になりました。

みんなどうもありがとう!!


世界中があっと驚く速さで、みんなで東北・日本を復興させましょう!!



親愛なる夫へ

お誕生日おめでとう。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-21 21:11 | PRAY FOR JAPAN

読んでください

毎日コンピューターに向かうも、一体何を書いたらいいものか・・・

亡くなられた方たちへの哀悼の気持ち?

被災者の方々へのお見舞い・激励の言葉?

今現在、危険にさらされて第一線で働く方々への感謝?

不眠不休で働き続ける全ての人たちへ、

不安に耐えて日常を過ごす日本の国民に、

どんな言葉も不適切で、また無用に感じられ、言葉がありません。


そして今日こちらの記事を読んで、

「確信を持った想像」が「凄まじい現実」となりました。

もちろん、放送コードの問題もありますが、今、この時期、無闇な報道をして国民の不安を煽り、

パニックの原因を作らないようにとの配慮は大前提だと思いますが、
(小さな子供の目に触れたら大変ですからね)

ネット上で必要な情報伝達が行われるのは有益ではないでしょうか。

ぜひこの記事を読んで多くの人々に伝えて下さい。

http://ameblo.jp/tatsumitakuro/entry-10831822328.html


今、日本は自国の持てる限りの力を全て結集して全力でこの危機に立ち向かっていると信じます。

そして今、この瞬間にも目に見えないいくつもの難題が

考えられないような速さで一つ一つ解決され、また回避されているものと信じます。

そして原発。 こちらもかならず食い止められると固く信じています。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-17 23:21 | PRAY FOR JAPAN

一人ひとり、頑張りましょう

金曜日の朝以降、週末いっぱい、一日中テレビの前に座り

NHKの報道を見続け、文字通り言葉を失っていた私。 

遠く離れたイタリアから愛いして止まない故郷日本の惨状を、ただただ見つめ、ただただ泣く私。

自分の無力さに体に全く力が入らず、3日が過ぎました。

この間、テレビから全く離れない私に何も言わず、

一歩はなれたところから黙って見守っていてくれた夫。

一度だけ「ちょっと外の空気吸ってきたら?」と言ってくれただけ。

普段は可愛げのない、それでも誰よりもやさしい娘、

一日に何十回も笑顔で私の所に来て「ぎゅ~っ」っと私を抱きしめ、

「私、お母さんのこと大好きだからね!!」と言ってくれました。

何とか母の笑顔が見たかったのでしょう。

イタリア人の友達からの心配・お見舞いの電話は数知れず。

娘が心臓の手術を2度した時も、夫が5日間昏睡状態になった時も

「きっと大丈夫」と思ったポジティブな私は今回いませんでした。


そして今日、月曜日。 新しい週の始まり。


被災したわけでもなく、愛する家族を失ったわけでもない私、

何をメソメソしていたのでしょう!! 

被災された方たちが歯を食いしばり頑張る中、

救援隊の方たちの必死の活動により人命救助が成し遂げられる中、

そして日本国民が秩序を乱さず、周りを思いやり、

一人一人のなすべきことを誠実にこなしている間、

私はこの3日間一体全体何を見て泣いていたのでしょう。

これ以上の「きっと大丈夫」があるでしょうか。

世界中の人たちが祈ってくれているではないですか。

世の中の善意のパワーを感じます。


私、すっかり出遅れてしまいましたが、泣いている暇はありません。

微力ながら自分の可能な範囲で出来ること、考えて見ます。

東北の皆さん、日本の皆さん、頑張りましょう。

日本人の「思いやり」と「団結力」があれば大丈夫。

日本人の底力、大和魂を見せましょう。

この素晴らしい国に生まれたことを幸運に思います。


そして海外で暮らす日本の皆さん。

世界中の人たちが日本のために心を痛め、エールを送ってくれるのは

みなさんが住んでいる国の人たちが、みなさんと普段接する中で「日本人」を知り、

好意を抱いてくれている事も一因でしょう。

外国暮らしは大変な事や嫌な事もありますが、日本人の長所を忘れず暮らしましょう。


イタリアの空の下で困っているおばあさんを助けることも、

日本のおばあさんを助けることも同じです。

例え今回の地震の被災者の方たちの直接的な援助にはならなくても

世の中、どんな行いも廻りめぐっていくものだと思います。

「一日一善」今まで以上に心がけるつもりです。



被災者の方たちに一日も早く、ほんの少しの笑顔でも戻ってきますように。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-15 09:50 | PRAY FOR JAPAN

地震のニュース

今朝、起きていきなり日本での地震のニュース。

急いで横浜の実家に電話をかけるも繋がらず。

結局かけ続けて2時間後、やっと母の「もしもし」と言う声が聞こえたかと思うと

「ツーツーツー」切れてしまいました。 取りあえず無事確認。


それにしても目を疑うような光景の数々に心が痛みます。

時間を追って被害者の数も増すばかり。

鎌倉の海のそばに住む友人にメールをすると

「大津波警報が解除にならないので車でキャンプ道具を持って避難中」とのこと。 

停電していて、信号も停止していて大渋滞だそうです。 心配です。


一人でも多くの方々が安全な場所に避難することが出来ますように、

そして被害の拡大が最小限に留まりますように

心からお祈り申し上げます。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-11 23:51 | PRAY FOR JAPAN

カーニバルと女性の日

もうとっくに終わっていますが、3月8日は

「カーニバルの最終日」と「女性の日」でしたね。
d0210200_153590.jpg

「女性の日」にはミモザをプレゼントする習慣がありますが、

もちろんそんなものがやって来ないのが我が家。 

主人の両親が住む集合住宅の中に大きなミモザの木があって、毎年門番の人が住民に配るそう。

じゃあ私も便乗。

「ねえ、花束買って来てとは言わないけれど、アントニオ(門番)から貰ってきてよ」

そんな訳で今年は私もミモザが貰えましたよ~(笑)

このミモザ、2週間は程前が見頃だったよう。 写真のはちょっとワイルドでハゲちょびん・・・


そしてカーニバルは子供たちの学校も、月曜日、火曜日とお休み。土日と合わせて4日の連休。

しかし我が家と言えば4日間家に閉じこもってましたよ・・・

正確に言えば、昨日から娘は学校に行きましたが、息子は相変わらずの熱で、

ええ、まだまだ閉じこもっています、私(涙)

今日のお昼、出先から早めに家に戻ってきた夫、

「さあ、外の空気存分に吸っておいで!!」

と、とても親切に私をお使いに(笑)送り出してくれました。

1週間ぶりに外出てきましたよ~(嬉) でも寒くってすぐ帰ってきましたよ~(苦笑)


話はズレましたが、カーニバル。

本来、「ラザニア」を食べる日ですが娘の希望でピザになりました。
d0210200_2132218.jpg

娘の好きなトマトソースとツナ、チーズ。


d0210200_215118.jpg


こちら、半分は「サルシッチャとフリアリエッリ」(ソーセージと菜の花)

もう半分は生クリームにハム、カモッショ・ドーロ。(カマンベールのようなチーズ)

私も娘も病み上がりなわりには、こってり、がっつり。


たまたまピザを作る前、電話をくれた母に

「娘のリクエストでこれからピザ作るんだけど、面倒くさいなあ・・・」

と言うと、「買っちゃえばいいじゃない」と。

ホントホント。 でもね、小児科の先生に

「娘が病み上がりでピザが食べたいそうなんですが、昨日まで腹痛があったのに大丈夫ですか?」

「ヘビーすぎませんか?」聞くと、

「いいえ、全然。 家で作るピザは買ったものとは生地の醗酵の仕方が違うので大丈夫ですよ」と。(大体、話の前提が「家で作る」ってのもスゴイ・・・)

下のピッツェリアで買う気満々だった私、もちろんそれは告げずに電話を切りました。

そりゃあ何でも「家で手作り」が一番でしょうが、ピザくらい買ったってねぇ・・・

それともホントに醗酵の仕方が違うんでしょうか?



そして、お義母さんから「ラザニア」の差し入れ!!
(待ってました!! お義母さま!!)

d0210200_3214354.jpg


美味しそう~~~

d0210200_3223536.jpg



そして、今年は作ろうかなぁと思っていた「キアッケレ」

d0210200_3241271.jpg


来年に持ち越し。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-11 03:46 | フェスタ

アモーレ僕を捨てないで!!

娘の熱がようやく下がり、私も今測ったら7度2分。

しか~し!! 今日の夕方から息子発熱!!37度5分。

もう、いや~ん、悪夢のインフルエンザリレー。

もう、次々に家族を襲ってますよ~ はぁ~っ

後は主人に移らないことを祈るのみ。

だから、お父さん、子供たちにチューチューするのやめてってば・・・・


話は変わりますが、私たちの家、両隣の壁がひじょ~に薄く、会話丸聞こえ(笑)

夜中の3時におしゃべりしだす老夫婦。

旦那さんは夜中に何度もトイレに立ち「カー・ペッ!!」と痰を切る。

反対のお隣さんたちはしょっちゅうケンカ。

先週は上の階の仲良し家族、お父さんと娘さん大ゲンカ。

止めに入ったお母さんもお父さんに「お前が悪い」と言われ、

バタンとドアの閉まる音がして、パタパタパタ・・・と階段を下りていく娘。


こんなことがあるたびに父・娘、壁に耳をつけて「なになに?」と・・・

盛り上がってくると「おかぁさ~ん、来てごらんよ!面白いよ!!」

シーッ!! その声も向こうに聞こえるんだってばぁ!!


そして昨日、失礼だけどかなり笑いました。

「お願いだよ、アモーレ!!僕を捨てないで~!!」 「君を愛してるんだ~!!」

そして何とオイオイ泣き出した・・・

声からすると大人の男性。外から聞こえてきます。

延々と泣きながら↑のフレーズを繰り返す彼。

夫と知り合ってイタリアに来る前の私のイタリア人のイメージはこんなもの。

「愛してる」だの「君がいなければ死んでしまう」なんて事言う人いっぱいいるんだろうなぁ~と。

それが意外と全くそんなこともなくて、昨日、やっと私が思い描いていた「イタリアーノ」に

お会いできたと言うわけ。(声のみですが)

そんな訳で、申し訳ないけど笑っちゃいました。

いやぁ~ ホント、お芝居みたいでしたよ。


と、よそ様のことを笑う前に我が家も気をつけましょう、夫婦ケンカに親子ケンカ(笑)
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-08 08:15 | 我が家で

「いざ」と言うときは娘

今日はカーニバル最終日前の最後の日曜日。

町にはさぞかわいい仮装した子供たちがいることでしょう。
d0210200_19295677.jpg

これは発熱初日のピンピンしている娘。

「テレビ見ちゃダメ」「コンピューターもダメ」と言われ仕方なく工作。


今朝、6日ぶりに平熱に戻った娘。 

金曜日は40度1分まで熱が上がり、さすがにぐったり(当たり前!!)していましたが、
(心配のあまり本人より私のほうがぐったりですよ~(苦笑))

それ以外は39度でも割りとフツーだった娘。

そして、娘に移されて木曜の夜から発熱した私。

「だからお母さんに抱きついたり、チューしたりしないでって言ったでしょう!!」

と、ブーブー娘に文句を言いましたが、私の熱は38度3分程度。

娘に比べたら、大したことない熱なのですが、でもかなりしんどい・・・ 

これ位の熱ごときで情けないのですが、やはり年のせい???

「お母さん、コンピューターダメだよ、熱が上がっちゃうからねぇ」(ニヤニヤ)

ここぞとばかりに仕返しをしてくる娘にコンピューターを没収され、

やれ、お水だのみかんだのと運んできてもらって、看病されている私。

私→38度、ぐったり。 娘→39度、私の看病。 


普段は私の言うこと何て全~く聞かない娘。

夫曰く「短所が全く同じ」な私たち。 ケンカもしばしば。

「何よ、お母さんにその態度は~!!」(夫、後ろで笑いながら「キミにそっくり~」と。)

私を「キィ~ッ」とさせること数知れず。


息子に比べて要領は悪いし、頑固だし、愛想も上手くない。

でもね、お母さん分かるなぁ、お母さんも長女だからね(苦笑)

でもそんな娘、ここぞと言うときには頼りになる、心根はとてもやさしい子。

説明の仕様がないけれど、感動的に優しい。(説明になってませーん(汗))


私 「ありがとうね」

娘 「何が?」

私 「お母さんの面倒見てくれて」

娘 「???」

私 「お母さん、あなたのこと大好き~」

娘  シラ~~~


あれあれ? いつもの娘に戻ってる?  

・・・・と言うことは私も快方に向っていると言うことかな(笑)
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-06 23:12 | こどもたち


カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
結婚情報サービス
最新の記事
MERRY CHRISTMA..
at 2012-12-24 19:51
Trick or Treat
at 2012-11-01 06:56
ハッピー ハロウィン!!
at 2012-10-31 17:32
いよいよハロウィン!!
at 2012-10-30 17:02
シンプルなかぼちゃクッキー
at 2012-10-30 01:08
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧