laboratorio di biscotti


専業主婦の365日。
by fatto-a-mano-h
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:料理( 14 )

寒い日のご飯

寒い日が続いています。

こんな時のメニューはスープ類にオーブン料理。

或る日はポテトグラタン、また或る日はフェンネルのグラタン、そして大好物の・・・
d0210200_2330307.jpg


カリフラワーのグラタン!

d0210200_233123.jpg

カリフラワーのパスタが嫌ぁと言う娘もホワイトソースにドップリ浸かったこのグラタンは食べてくれます。

今夜は鶏肉団子のお鍋、明日のお昼はニョッキのオーブン焼き、あったかメニュー続々~
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2012-02-08 23:36 | 料理

手作りオレッキエッテ

週末イスキアの家に行ってきた義父がブロッコレッティを持ってきてくれました。

このブロッコレッティとはブロッコリーの葉っぱだけ育ったような、で先っぽにほんの少し

菜の花のような?ちいさいブロッコリーのような?物がついている、まあアブラナ科のお野菜です。

チーマ・ディ・ラーパといえば分かる方もいるでしょうか?

ブロッコレッティといえばオレッキエッテ。

今回は手作りオレッキエッテに挑戦してみよう!と思っていたまさにその日、

いつもお料理の参考にさせていただいている田舎の台所@イタリアさんのブログで

こちら発見→ オレッキエッテ
(すみません、またリンク貼れず・・・ ご覧になりたい方お気に入りから入ってください)

すごいタイミング!!と一人感動。

で私も作って見ました。
d0210200_17233497.jpg

まずは遠目から・・・
d0210200_17264470.jpg

うわぁ 田舎の台所のolivolivoさんのオレキエッテとは大違い~

でも、「いかにも手作り」な所に愛嬌があるじゃぁないですか。

これを料理して・・・
d0210200_1737374.jpg

出来上がり~

何だかすいとんみたいになりましたが・・・(汗)

お味は100点満点でしたよ。もっちりと歯ごたえが良くて、やっぱり手作りパスタはいいですね。

作り方も簡単。セモリナ粉に少しずつお水を加えていってあとは捏ねるだけ。

ちょっと生地が硬めで疲れますが作る甲斐はありますよ。

olivolivoさんが参考にしていた動画→こちら
(すみません、こちらもリンク貼れず・・・)
さすがイタリアンマンマ、すごいですね~
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2012-01-26 17:48 | 料理

或る日のご飯+おやつ

昨日の土曜は娘と2人だったので

「ねぇねぇ ピッツァでも食べに行こうよ。 で、その後ジェラート食べてさぁ~」

とノリノリの母に

「出かけたくな~い」と娘。

ああ、つまらない・・・ いいお天気なのにぃ

そして、ああ面倒くさい、お昼ご飯作らなきゃ・・・ ←コレが言いたかったのです!


で、オーソドックスにポルペッタ(ミートボール)

d0210200_2022586.jpg


と久しぶりに作ったヨーグルトケーキ。
d0210200_2059732.jpg

今回はこの間作った柚子ジャムとポピーシードを入れてみました。

柚子の味が爽やかな美味しいケーキが出来ました。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2012-01-22 21:08 | 料理

亭主元気で留守がいい?

今日は夫と息子が友人家族とスキーに行きました。

本当は家族みんなで友人宅に週末泊って土・日スキーの予定でしたが

娘が↓(しつこい・笑)行けないので私もお留守番。

息子が友人宅に泊まるのをとても楽しみにしていたので、夫に

「泊まっておいでよ」と言うと

「まさか、君たち2人おいて・・・ そんな・・・」 目、ウルウル・・・

昨日の夜も散々、

「君が残れというのなら僕は残るよ」って・・・

うちの夫、結婚して最初の10年は、こう言うシュチュエーションになると決まってこの台詞。

「ホントにいいから行ってきてよ」という私を

「寂しいのを我慢して夫を送り出そうとする健気な妻」だと真剣に信じていた人である(笑)

そして「行け」と言われているのに「残る」人だったのでした・・・(汗)

そんな夫に何度となく聞かせたこの台詞

「亭主元気で留守がいい」

もちろん留守がいいとは思いませんが、こう言うケースもあると言う例えで・・・

まあ、イタリア人は(ナポリ人?)常に夫婦行動共ですからね。

お出かけに「子供がいない」と言うのは逆によ~くありますが(笑)


さて、先程の台詞のお陰か否か10年越しの説得お陰で(長い!)

そして私が決して健気な女性でないということに今更気が付き、

ようやく夫も私抜きでもたまには出かけるようになりましたが、

それでも未だに残る私のことを「可哀想」と思うらしい・・・

もちろんお休みにいないよりはいたほうが嬉しいですが、

家で一日中インターネットしながらグータラする方がもっと嬉しかったりして・・・


夫よ、と言うわけですからたまには外出(子供2人連れて!)して下さい。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2012-01-22 04:01 | 料理

或る日のご飯 手抜き編

昨夜の我が家の夜ご飯。

d0210200_22255857.jpg


手前から、南瓜とジャガイモのスープ。

d0210200_22294394.jpg


先週のecoメルカートで買ったヤギのチーズと

d0210200_22365561.jpg


ソフトサラミ。これにパン。

だけ・・・汗 の夕食でした。

大人はいいけど子供たちは「え?」「スープだけぇ~」(サラミ・チーズはおまけ扱い)

おっしゃる通り・・・ でもたまにはいいんじゃない、あっさりした(あっさりはしてない!!)夕飯。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2012-01-19 22:42 | 料理

食欲の秋

もう11月ですね。

つい最近夏休みが終わったという感覚が冬時間になってようやく抜けました(遅い・・・)

ここナポリはまだ暖かく過ごしやすいのですが、

冬時間になって日が暮れるのが早くなり何とも寂しい・・・

しか~し、お菓子作りには最適なこの時期!!

今朝もスーパーの特売でバター1キロも買ってしまいました(幸)


そして食欲の秋。

d0210200_18593740.jpg


これ、「小さなナポリタンパニーノ」とありますが、

なんと息子の顔より大きかったんですよ~
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-11-04 19:07 | 料理

再会を祝して?

かれこれ4年前、一家で日本に引っ越していった友達家族。

友人日本人、旦那さんナポリ人、男の子2人。

上のお兄ちゃんは娘と同い年の幼なじみ。

昨年の里帰りで、この友達家族のお家に泊まり行きました。

格好良くなった上の子を前に家の娘、嬉しいやら照れるやら(笑)

ナポリにいた頃は小さかった下の子たち。当然お互いを覚えてません。

でもすぐに「マブダチ」に!!

日本語の非常に怪しい息子とイタリア語の怪しい友達の子。

それでもとても楽しそうに(何語で?)遊んでました。


そして今、4年ぶりにナポリに遊びに来ている友達の旦那さんと下の子。

今日、家にお昼ごはんに来ることになっていたのですが、今朝、娘発熱。

例によって37度4分と大したことはないのですが、うつしたら大変!!

朝から連絡をするも繫がらず、ようやく連絡が取れたのが12時前。

もちろん「リスク」は避けて来ませんでしたが、

「もしかしたら来るかも?」と一応準備はしてみました。
d0210200_3225954.jpg

日曜日に行った「南イタリア農業展」(ものすごいセンスの無い訳!!)

で買った「グアンチャーレ」と、(この話はまた近いうちに)

お義父さんが買ったのをお裾分けしてもらった「焼きリコッタ」と?チーズ?
d0210200_3333911.jpg

d0210200_3341975.jpg

d0210200_335343.jpg

グアンチャーレとグリーピースを炒め、ホワイトソースに混ぜて、

ラザニア用のパスタで「ホワイトソースのオーブン焼きパスタ」
d0210200_4191433.jpg

せっかくナポリに帰ってきて「ホワイトソース?」とも思いましたが、

これならきっと子供も喜ぶだろうし、

第一、実家のマンマが「ナポリ料理」の腕を振るっているでしょうから。
d0210200_4251618.jpg

メインの付け合せには「新じゃが」

最初にフライパンで少量の油で揚げ焼きしたら、

「ポルペットーネ」(ミートローフ?)と一緒にオーブンへ。
d0210200_4281166.jpg

果物は「マチェドニア」

今日は、りんご、洋梨、オレンジ、バナナ、キウイ、苺。最後にレモン汁。
d0210200_432487.jpg

おやつはスーパーで買ってきた(苦笑)「カスタニョーラ」というカーニバルのお菓子。
d0210200_4422779.jpg

中はクリームかチョコの入った揚げ菓子。


我が家、今日は「食べすぎ」&「昼・夜同じメニュー」でした(汗)
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-03-02 05:16 | 料理

お米のオーブン焼き

今日は午前中友人がお茶に来るので、

お昼ごはんは前もって用意が出来る「お米のオーブン焼き」に。

昨夜作っておいたトマトソースを、今朝冷ご飯と混ぜて「後はオーブンで焼くだけ」にスタンバイ。

これで、心置きなくおしゃべりに集中出来ます(笑)


今日は風がひゅうひゅうと、とても寒く、その上、1週間も前から暖房のつかない我が家。


イタリアの集合住宅では、セントラルヒーティングの所が多いのですが、私たちの所もそう。

老朽化によりボイラーが壊れることもしばしばですが、何と今回はボイラー修復まで一週間!!

もともとセントラルヒーティングは大体、朝・夕の何時間と時間が決められていて

「一日中暖房がつけたい」と言う人は、自分たちで電気ヒーターなりエアコンなりボイラーなりを

用意することになります。我が家には家庭用の小さいボイラーがあるので、

セントラルヒーティングがつかない時は自分たちの暖房をつけることが出来ます。

ですが、毎月暖房費を払っているのに、さらに払うなんて、

と今回暖房がなくなってもすぐにはつけませんでしたが、4日目あたり

「そろそろ寒いね」と暖房をつけようとしてびっくり。

電源を入れるつまみが「ポロッ」と落ちてきたのです。

つまみをひねらないことには入らない電源・・・

さらにもう一つのつまみ、温度調整のつまみもポロリ・・・・


一週間ほど前に年に一度の「ボイラー点検」に来たメーカーの技師に違いありません。

一言、言ってくれれば良かったのに・・・ 感じのいい青年だったのに・・・ と夫。

すぐに電話をかけましたが、別の技師さんが来てくれたのはやっと今日。

それまで暖房なしで夜は凍えましたよ。

技師さんが来てさらに「凍りついた」のは、直した2つのつまみの代金を請求された時。

さすがの夫も呆れて、「そちらのミスで壊れたものを私が払う義務は無いでしょう」と。


そんなこんなで非常に「お寒い」週でしたが、

こんな寒い日にぴったりの「お米のオーブン焼き」(長~い前置きはこの為!!)

作り方は簡単。トマトソースにソーセージをちぎったものとグリーンピースを入れ、

冷ご飯にこのソースを絡め、さらにプロヴォラチーズ、パルメザンチーズのすりおろしを入れ、

最後に上からパン粉と、またまたパルメザンチーズをふりかけオーブンへ。
d0210200_850531.jpg

どうですか? 美味しそうでしょう?
d0210200_650478.jpg

熱々ですよ。
d0210200_6514496.jpg



そして今日、「地下鉄がストで・・・」と歩いてきたという友人。

「つぶれてなければいいんですけれど」とドルチェのお土産。
d0210200_8572121.jpg

包装紙、かわいい。
d0210200_91203.jpg

もともと小ぶりなドルチェ・ミニョン。これはさらに小さくてかわいい~。

お味も良かったです。

午前中の短い時間でしたけど久しぶりにお話出来て楽しかったです。

「実は・・・」にもび~っくりしましたよぉ~。

また近いうちに是非(美味しいお菓子持って(笑))お茶のみに来てくださいね。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-02-24 09:12 | 料理

お弁当BOXとブラジル人の板前さん

もう何度となく言っておりますが、我が家、お昼ご飯に家族全員揃います。

唯一水曜日だけ息子の給食があるのですが、夫、娘は帰って来ます。

が、しかし昨日舞い込んだ嬉しいニュース!

お昼に仕事で戻れない夫。気を利かせて娘をノンノ、ノンナの家で

お昼ご飯を食べさせてくれるようにと頼んでくれたとのこと。

ばんざ~い!!久々に友達をランチに呼ぼうかな?

いやいや、こんな機会は滅多にないから出掛けよう!!

さっそく友人たちに連絡を取り「日本食レストラン」でお昼を食べることに。

ここ数年、ここナポリでも「寿司ブーム」(やっと!!)

私がナポリに来た頃からではとても想像がつかなかった話。

私の友人もこのブームにのって日本食レストランを始めた一人。

で、行って来ました。

d0210200_78784.jpg


この小さな小さなレストランにいたのは、噂に聞いていたブラジル人の板前さん。

d0210200_7105020.jpg


外には笹なんかあっていい感じ。

d0210200_7122619.jpg


あらかじめ友人に連絡していた抜け目のない私に友人からの大サービス。

d0210200_714321.jpg


メニューとにらめっこしていた私たちに「こちらからどうぞ」とメニューのお写真。

一同「うわぁ~」 「日本よりハイテク?!」

d0210200_7173076.jpg


みなさん、憧れの日本のビールで乾杯。

炭酸が苦手でビールの飲めない私。いいなぁ みんな。カッコいいなぁ。
(同じ理由でコーラもペリエもダメな私。カッコ悪いなぁ・・・)

お弁当BOXは「焼きそば弁当」と「寿司弁当」をそれぞれ注文。

焼きそば、混ぜご飯(炒飯?)、お豆腐、サーモンのお刺身、海藻サラダ、グリーンサラダ。

これで12ユーロなら文句ないかな。 美味しかったです。

何よりも素晴らしかったのが、とても控えめ、そして気が利くブラジル人板さん。

昔、母国で街の人口の70パーセントが日本人と言う環境で暮らしていたと言うことを

懐かしそうに、そして嬉しそうに話してくれました。

「ナポリ人が食べたいと思う「イタリアンナイズ」されたスシは作りたくない」とも。

その真摯な人柄にとても爽やかな気持ちでお店を後にした私たちでした。


そして日本食であろうが何であろうが、食後にエスプレッソを飲むのがナポリ風。

みんなで美味しいエスプレッソを飲んでから満足して家路につきました。
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-02-10 07:52 | 料理

セモリナ粉のニョッキ

一般的に「ニョッキ」と言えばジャガイモと小麦粉で作りますが

今日のニョッキはセモリナ粉で作られたもの。

セモリナ粉とはデュラム種の小麦を粗挽きにしたもので、硬質、色は黄色、

主にパスタの原料となるものです。


昨日の朝9時過ぎにお義母さんから電話。

「セモリナ粉のニョッキ作ったんだけどいる?」

「いる、いる! 食べたことないけど。」(今日はお昼作らなくて済むかなぁ)
d0210200_17555727.jpg

作り方はジャガイモのニョッキとはかなり違って、

牛乳、バター、パルメザンチーズ、卵を火にかけて、

その中にセモリナ粉を入れてよ~く混ぜる(形状はポレンタっぽい)

この生地を伸ばして、小さいコップで抜いたものを並べて、さらに溶かしバターをかけて、

パルメザンチーズもかけたら、オーブンで焼いて出来上がり。

見た目の素朴さとは違い相当のバターとチーズが入っているとか。

味はかなりあっさりだったけど・・・  恐るべし、イタリア料理。
d0210200_17433168.jpg

お義母さん、いつもありがとう!!

美味しく頂きましたよ~
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-02-09 18:02 | 料理


カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
結婚情報サービス
最新の記事
MERRY CHRISTMA..
at 2012-12-24 19:51
Trick or Treat
at 2012-11-01 06:56
ハッピー ハロウィン!!
at 2012-10-31 17:32
いよいよハロウィン!!
at 2012-10-30 17:02
シンプルなかぼちゃクッキー
at 2012-10-30 01:08
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧