laboratorio di biscotti


専業主婦の365日。
by fatto-a-mano-h
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カーニバル

今年のカーニバルは3月8日。

2年前のカーニバルが2月の始めにあっさり終わってしまったことを思うと、今年はかなり遅め。

今年はカーニバルが楽しめる期間が長いので町には仮装したかわいらしい子供たちや

紙ふぶきをじゃんじゃん散らしている子供でいっぱい。
d0210200_18331523.jpg

我が子たちもじゃんじゃん散らしてますよ。
d0210200_1834461.jpg

そして家から持ってきた紙ふぶきがなくなると、

子供たち 「お父さ~ん、スプレー買ってえ~」

母    「ダメダメ。公園の前で売ってるものはぜ~んぶ高いんだから!!」

     「明日、お母さん朝市で買ってくるから」

子供たち 「だって今遊びたいんだもん!!」
d0210200_18411376.jpg

あ~あ、お父さん。 いいカモじゃないのよぉ~

普段は超ケチ倹約家の夫。 ちょっとどうなんですか、この散財。

こんな時、どうも子供の言いなりになって、甘やかしているようで気が重い。

でも、ふと母のこんな言葉を思い出す。

「子供はね、欲しいとか、したいとか思った瞬間が一番大事なんだから、何でも聞いてあげなさい」

そう言えば小さい時、近くの神社のお祭りでふわふわ浮いていた風船が欲しくて買ってもらった。

嬉しくて、嬉しくて遊んでいたのでしょう。 その「500円」もした風船、5分もしないうちに

夜空へ飛ばしてしまった私。 子供心に真っ青・・・・

母は私の不注意を一言も責めることなく

「でも良かったじゃない、ちょっとでも風船持てたでしょう」と。

そう、その「ちょっとの間」どれだけ嬉しかったかは、30年経った今でもよく覚えている。

私は狭い団地に家族5人で育ったけれど、この一件に限らず、

両親には「欲しいもの」「したいこと」を殆ど叶えてもらったっけ。 兄弟も然り。


そうか、じゃあ私の子供たちも同じなのかな?

ボラれたスプレーも無駄ではなかったのかな??


でもね、お母さん。

ここは(南)イタリア。 子供たちは際限なく「おねだり」をし、親たちはどんどん「与える」

これじゃあやっぱり「有り難み」を感じない子供になってしまいます。

まわりのお友達に比べて断然ものの少ない我が子たちも、それでもご多分に洩れず。

ではどうするか?  これが問題です。

臨機応変、ケース・バイ・ケースで? はぁ~、やはり子育ては大変です。

「子育ては楽しい」と言い切った母。 と言い切れない娘。(笑)

d0210200_19455442.jpg


日曜日は息子の幼稚園からの大親友でお誕生日も2日違いと言うカルロ君のお誕生日会。

カーニバルの衣装着用ということで、華やかなフェスタでした。

d0210200_19484426.jpg


主役のカルロ君と息子。

息子の衣装は友達に貸してもらいました。 よかった、ピッタリ。

d0210200_19511675.jpg


そうです。これが噂の「子供用パーティ会場」

大抵2人のお兄さん、お姉さんがいてゲームなどをしてくれます。

隣の部屋ではお母さんたちが座っておしゃべりをしています。

d0210200_2024692.jpg


こちらの男児たちに大人気、「BEN10」

「わぁ~ BENだぁ~」 娘大当たりでした。


さてと、次のフェスタは3月6日だったかな?
[PR]
by fatto-a-mano-h | 2011-02-22 20:08 | フェスタ
<< お米のオーブン焼き 夕食のお誘い >>


カテゴリ
タグ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
結婚情報サービス
最新の記事
MERRY CHRISTMA..
at 2012-12-24 19:51
Trick or Treat
at 2012-11-01 06:56
ハッピー ハロウィン!!
at 2012-10-31 17:32
いよいよハロウィン!!
at 2012-10-30 17:02
シンプルなかぼちゃクッキー
at 2012-10-30 01:08
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧